土づくりに!肥料に!農薬に!

何役もこなす優れもの!!

せっかいちっ

農薬成分が肥料に変わる!さらに土づくりにも活用できる、お得な資材!

土壌に施用すると、有効成分である
カルシウムシアナミドが
水に溶けて
農薬効果を発揮します。
農薬としての役目を終えると今度は肥料効果を発揮!
更に、稲わら等の有機物の腐熟促進材としても
お使い頂けるため、
1資材で3つの効果が期待できる
お得な資材です!

01農薬効果

水に溶けて農薬へ。
肥料に変わるので
農薬は残留せず安全!
水に溶けて農薬へ。
肥料に変わるので
農薬は残留せず安全!

石灰窒素のカルシウムシアナミドは土壌中の水に溶けて、
シアナミドになり、農薬効果を発揮します。
シアナミドはその後肥料成分に変わるので、
農薬成分は残留しません。

虫にも、雑草にも、菌にも!
こんなに優秀!

農薬効果の期間

土壌、水分、温度などの条件によって変わります。
その後は肥料成分にかわります。

農薬期間中は播種・植付をしないようにして下さい。

02肥料効果

農薬成分が肥料成分に変化!
農薬成分が肥料成分に変化!

03土づくり効果

腐熟を促進し地力アップ!
腐熟を促進し地力アップ!

石灰窒素は稲わらなどの腐熟を促進して
地力を高めてくれます。
堆肥を施用するのと同等の増収効果が
期待できます!

なぜかというと…

石灰窒素は土壌にいる微生物が働きやすい、
すなわち腐熟が進みやすい環境をつくります。

石灰窒素を
もっと詳しく!

紹介マンガ

第0話:石灰窒素って、なに?

第1話:ジャンボタニシ対策

第2話:雑草対策

第3話:休眠覚醒を利用したノビエ防除

第4話:稲わらの腐熟促進

第5話:前作の残さ処理

知識・解説動画

【肥料】石灰窒素の基礎知識 ~農家の「困った…」を石灰窒素がまるごと解決~

【肥料】石灰窒素の基礎知識②  ~稲わら腐熟促進で地力向上、増収、品質アップ!~

石灰窒素【解説】肥料であり殺虫・殺菌、更に除草効果まで!

お問い合わせはこちら!